mokomoko888’s diary

はじめました

エアコン

私はエアコンの掃除をしました。埃がたまっていて非常に汚い状態でした。これからはこまめに掃除したいと思いました。

今日は、そのような現代人の生活に必要不可欠ともいえるエアコンの簡単な歴史を紹介をしたいと思います。

エアコンはエア・コンディショナーの略で空気の温度や湿度を調節する機械の事です。1900年代にアメリカの工場内の温度を下げる仕組みが作られたのがエアコンの始まりと言われています。このように最初は、工場などの施設の温度調節が目的でした。日本では、1960年代から家庭向けのエアコンが本格的に普及し始めます。近年は利便性だけではなく、空気清浄機能や人感センサー等の快適性を追求したものが販売されています。

その時代背景に合わせて様々な機能が搭載されてゆく、文明の利器であるエアコン。日々進化していくエアコンの未来が非常に気になります。

 

スイカ

シャキシャキとした食感と赤く鮮やかに熟れた実が特徴的なスイカは夏の風物詩の一つ。

そんなスイカは、最近品種改良が進み、さまざまな種類が売られています。今回は,たくさんのスイカの中から、3つご紹介させていただきたいと思います。

でんすけすいか・・・深緑色の皮が少し変わっているスイカ。高級品として扱われ、贈答用としても人気があります。

角形スイカ・・・その名の通り、四角形のような角ばった形が印象的なスイカです。食用としてではなく、主に観賞用として扱われるスイカです。

太陽スイカ・・・果皮が黄色のスイカで、その太陽のような色が印象的です。糖度が高く、1玉約7キログラムと大玉であることが特徴的です。

今回ご紹介させていただいたほかにも様々な種類があります。ぜひ、スイカを食べてこの暑い夏を乗り切りましょう!

夏のデザートに

本日はゆずと塩のジェラードをいただきました。ゆずのさわやかな独特の香りと、塩のさっぱりとした味わいが美味で、夏にぴったりのデザートでした。

ジェラードは、イタリアのフィレンツェ発祥のアイスクリームで、イタリア語で「凍った」という意味を持ちます。果肉や、ミルクなどを混ぜた様々なフレーバーがあり、今では、イタリアの夏にも日本の夏にも欠かせないお菓子になっています。

暑い夏を乗り切るために、甘く冷えたお菓子を堪能してみてはいかが?

f:id:mokomoko888:20170729204513j:plain

本日は土用の丑の日ですので、鰻をいただきました。

土用の丑の日に、鰻を食べる習慣は、平賀源内が発案したという説が有力です。鰻は本来、冬に脂がのり、旬となります。反対に夏はあまり脂がのらない鰻が売れなくて困っていたうなぎ屋に、夏でも売れるようアドバイスしたのが始まりだということです。

高原

 

f:id:mokomoko888:20170723130611j:plain

霧降高原へハイキングに行きました。霧降高原は赤薙山に広がる高原地帯で、標高は約1200メートルにもなります。

 様々な高原植物を楽しめる場所で、特に6月から7月にかけて咲くニッコウキスゲが有名です。美しい黄色の花が、高原一面に咲き誇ります。

 霧降高原は、現在遊歩道や階段が整備されており、ニッコウキスゲの花を間近で楽しむことができます。

 ぜひ観光に訪れてみてはいかが?

f:id:mokomoko888:20170723130648j:plain

 

澄んだ音色

 

f:id:mokomoko888:20170718205741j:plain

 埼/玉/県/川/越/市にある川/越/氷/川/神社に友人と遊びにいきました。氷川神社は、「縁結びの神様」として信仰を集める神社であり、一年を通して多くの観光客が足を運びます。

 その歴史は古く、今から約1500年前、古墳時代に創建されたと伝えられています。氷川神社には夫婦の神様が祭られていますので、昔から縁結び、良縁、また家族円満のご利益があるとして、人々の信仰を集めてきました。

 最近では、夏の限定のイベントとして、「縁結び風鈴」が行われています。風鈴に願いを込めた木の短冊を吊るし、恋の成就を願うことができます。境内の風鈴回廊に飾られた色とりどりの鮮やかな風鈴は、涼しげで美しく、夏の風情を感じる事ができます。

 良縁を願うと共に、風鈴の幻想的な雰囲気を味わいに、遊びに行ってみてはいかがでしょうか?

f:id:mokomoko888:20170718222246j:plain